So-net無料ブログ作成

仙台にて(24) [地震]

ぼんやりしていて気付いていませんでしたが、世間ではもうすぐゴールデンウィークなのですね。

以前も書いたことですが、この連休中に津波が来た所まで自家用車で乗り付けたいと考えている人がいたら、まだしばらくは思い止まっていただきたいと思います。
報道が少なくなって一段落したのだろうと思われるかもしれませんが、仙台市内でも住宅敷地内の重機を使った後片づけが先週後半に始まったばかりです。

  GWは県内で

 村井嘉浩宮城県知事は25日の記者会見で「観光地が元気と輝きを取り戻すのに協力してほしい」と述べ、大型連休中、積極的に県内の行楽地を訪れるよう県民にアピールした。震災による自粛ムードで萎縮する県内経済を活発化させ、復興に弾みをつけるのが狙い。
 村井知事は「自粛ムードが広がり、観光産業が深刻な打撃を受ける。被災地が元気になるには宮城や全国が元気にならなければならない」と積極的な消費を呼び掛けた。
 「震災復興キックオフデー」と位置付ける29日には、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスとサッカーJ1ベガルタ仙台のホーム第1戦に自ら足を運ぶ考えを示した。
 同日の東北新幹線の全線運行再開予定を前に、県内の観光施設の復旧、営業再開情報を発信する「むすび丸だより」を26日から県のホームページに掲載すると発表。各地のイベント予定、交通アクセスの復旧情報を盛り込む方針を示した。
 一方で村井知事は被災地の見学者が増えていることに触れ、「復旧を進めている段階で緊急車両が行き交っている。興味本位で足を運ぶのは控えてほしい」と節度のある行動を呼び掛けた。

河北新報(4/26)

宮城で記念写真を撮ろうと思うのならば、海側ではなくて山側の温泉へ行くのはどうでしょうか。宿泊の空きがあるかどうかはわかりませんが日帰り入浴は可能だと思います。
また、松島周辺では瑞巌寺や水族館に入場可能なようです。
上記記事にあるスポーツイベントは、サッカーについては1試合だけなのでチケットがあまり残っていないかもしれません。野球はさきほど東北楽天のHPを見たところ、背番号18が投げると思われる29日はほぼ売り切れみたいですが、30日, 1日についてはまだ入手可能なようです。HP上で決済して携帯を使ってチケットレスで入場できるはずです。

ボランティアに関しても、人が殺到して交通渋滞を招いたりしないか懸念されているようです。
「行けば何とかなるだろう」ではなく、電話等で現地の状況を確認してから行動することが必要です。
もちろん食べ物、飲み物、宿泊、保険を各自で確保する自己完結が求められています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台にて(23) [地震]

わが家の近くのスーパーは、陳列棚にまだ少しだけ隙間のあいた箇所があるもののほぼ不自由なく買い物できるようになっています。

今日、そんなスーパーで見つけて個人的に大喜びしたもの。
424.jpg
チュニジア産スパゲティ。

この会社の人が日本の100円ショップ向けに輸出していると言ってたけれど、流通が混乱している中でとにかく入手可能な品をスーパーが仕入れたんでしょうねぇ。

チュニジアと旧桃生町(現石巻市)は以前から交流があるようで、今回の災害でも駐日大使館が中心となって炊き出しに来てくれたという新聞記事を目にしましたが、クスクスの味はどうだったでしょうか。

ちなみにチュニジアではパスタ類(スパゲティ、マカロニ、クスクス)は政府が価格を抑制する公定価格で売られていて、写真の品物は40円くらいで購入できます(店にはイタリア産も並んでいてそちらは5倍くらいの値段)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

言あれど実行なし [政治]

また、重箱のすみをつつきます。

ロシアの震災支援に感謝の集い

 【モスクワ共同】モスクワの日本大使館で19日夜、東日本大震災におけるロシアの日本への支援に対する「感謝と連帯の集い」が開かれた。ロシアのシュワロフ第1副首相は、日本とロシアは「単なる友好国ではなく真の友人だ」と述べ、日ロ関係強化に強い意欲を示した。
 第1副首相は、震災はロシアだけでなく世界中を震撼させたと指摘。「『困った時の友が真の友』という。平和条約や領土問題の有無にかかわらず、ロシア人は日本を助けたいという思いを共有した」と述べた。
 河野雅治駐ロシア大使は「日ロは(互いに)離れることのできない隣国だ。震災でロシアの市民が示してくれた支援の気持ちに触れ、日本とロシアが良き隣人としての関係をさらに強化していくと確信している」と強調。被災地で救助活動に当たったロシア非常事態省の隊員らに感謝状を手渡した。
 集いにはドゥボルコビッチ大統領補佐官も出席。ロシアで活躍するオペラ歌手ヒブラ・ゲルズマーワさんが鎮魂の歌を独唱した。河野大使は、主要行事ではこの集いを最後に駐イタリア大使に転出する。

 共同通信(4/20 09:16)

ん? この記事の写真に写っている河野駐ロシア大使って、昨年末に興奮した総理大臣が「首にする」などと言っていた人じゃありませんか。
駐ロシア大使更迭へ 北方領土対応で情報収集不十分 : 朝日新聞(2010/12/23)

確かロシア外務省の高官が「日本の事情による交替人事であって、我々(ロシア)とは関係ない」なんてインタビューに答えてましたっけ。

結局任期を全うして、イタリアへと横滑りするんですね。

日頃、手取り足取りお世話になっている幹部官僚の面子を損なうような人事などできないのだから、はじめからはずみで口を滑らすべきではないのです。

日本のメディアは自分たちの書き散らしたことを忘れたふりをしてくれるのでしょうが、他の国の外交関係者はしっかりと観察していて、総理大臣の実力を値踏みしているんだと思いますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

仙台にて(22) [地震]

今朝わが家の近くでは、今にも降り始めそうな空の下でウグイスが盛んに鳴いていました。
日中は雨が降り続き、夕方には一時雨がみぞれに変わりました。
ここしばらくは気温が高めだったのですが、今日明日は寒く感じる天気が続くようです。

宮城県の沿岸に設置されていた下水処理場は損傷が甚大で、完全な機能を取り戻すには3年かかるといわれています。新設した時よりも骨の折れるたいへんな作業なのだろうと思います。
浄化が十分できないまま放流せざるを得ない状態になっているため、また排水量が多くなりすぎると途中であふれる事態も予想される(隣の町では実際に起きてしまいました)ことから、仙台市では使う水の量を抑制するよう呼びかけています。
ぼくもこれまで遠慮気味に水を使っていましたが、わが家の下水は海岸までつながっているのではなく、途中の小さな浄化施設で処理されて川に放流されていることが判明。この施設は以前と変わりなく運用されているとのことで、少なくとも家ではあまり慎重にならなくてもよいことがわかりました。一方で、街中に出ている時には少し気にかけて行動する日々は長く続きそうです。

この数日間、余震を感じることが少なくなりました。
今日は秋田の内陸部で地震が発生したようですが、宮城沖の海底部は静かにしています。
エネルギーを貯め込んでいるんじゃないだろうな。
油断禁物、ガスの栓を確認してから寝ることにするか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

作業服の違い [行政]

今日は重箱のすみをつつきます。

色々な立場の人が作業服姿でテレビに映ったのを目にしました。
それが必要だったのかどうかは脇に置くことにします。

地方自治体の首長さんたちは、ぼくでも簡単に購入できるような無地の作業服に自治体名が記された腕章を巻いたり胸に名札を付けたりして、自分の立場を表していました。
他方、中央官庁関係、中でも大臣のみなさんの作業服は、実にカラフルでした。
背中の上部にでかでかと省庁名を染め抜いたり、紋章や職名を大きく刺繍したりと省庁間でデザインを競い合っているかのようでした。

消防や警察、自衛隊などの現場で作業する方たちに関しては、遠目からでも所属や職位を識別可能としておくことに実用的な意味があるのだろうと思います。
しかし、大臣たちのあの姿はどうなんでしょうか。

中央官庁と地方自治体では、(元は税金である)経費の使い方に決定的な意識の差があるように感じました。
霞ヶ関全体で一括して既製品を調達しても大きな不都合はないだろうに、省庁ごとに別々にしかも特別誂えしないと気が済まないんですね。

願わくば、地方自治体の方が中央官庁のスタイルをまねるような方向に今後進まないでほしいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国会議員はいずこ? [政治]

衆議院のHPで3月11日以降に成立した議案を閲覧してみました。

 平成二十三年度一般会計予算
     (1/24衆院受理、3/1衆院可決、3/29参院否決)

 平成二十三年度特別会計予算
     (1/24衆院受理、3/1衆院可決、3/29参院否決)

 平成二十三年度政府関係機関予算
     (1/24衆院受理、3/1衆院可決、3/29参院否決)

 展覧会における美術品損害の補償に関する法律案
     (平22年12/2参院付託、3/25参院修正、3/29衆院可決)

 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律の一部を改正する法律案
     (1/25衆院受理、3/25衆院可決、3/31参院可決)

 地方交付税法等の一部を改正する法律案
     (1/28衆院受理、3/22衆院修正、3/31参院可決)

 公害の防止に関する事業に係わる国の財政上の特別措置に関する法律の一部を改正する法律案
     (1/28衆院受理、3/10衆院可決、3/29参院可決)

 関税定率法等の一部を改正する法律案
     (1/28衆院受理、3/25衆院可決、3/31参院可決)

 国際通貨基金および国際復興開発銀行への加盟に伴う措置に関する法律等の一部を改正する法律案
     (1/28衆院受理、3/25衆院可決、3/31参院可決)

 踏切道改良促進法の一部を改正する法律案
     (2/1衆院受理、3/25衆院可決、3/31参院可決)

 内閣府設置法の一部を改正する法律案
     (2/4衆院受理、3/29衆院可決、3/31参院可決)

 港湾法及び特定外貿埠頭の管理運営に関する法律の一部を改正する法律案
     (2/4衆院受理、3/29衆院可決、3/31参院可決)

 家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案
     (3/4衆院受理、3/22衆院修正、3/29参院可決)

 平成二十三年東北地方太平洋沖地震に伴う地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律案
     (3/16衆院受理、3/17衆院可決、3/18参院可決)

 海外の美術品等の我が国における公開の促進に関する法律案
     (3/9衆院受理、3/10衆院可決、3/25参院可決)

 地震防災対策特別措置法の一部を改正する法律案
     (3/17衆院受理、3/17衆院可決、3/18参院可決)
    ※既存の特別法における国の負担・補助の特例措置の有効期限を平成二十三年三月三十一日から平成二十八年三月三十一日まで延長するもの

 国民生活等の混乱を回避するための平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律案
     (3/22衆院受理、3/29衆院可決、3/31参院可決)

 国民生活等の混乱を回避するための租税特別措置法等の一部を改正する法律案
     (3/22衆院受理、3/29衆院可決、3/31参院可決)

 国民生活等の混乱を回避するための地方税法の一部を改正する法律案
     (3/22衆院受理、3/29衆院可決、3/31参院可決)

 平成二十三年東北地方太平洋沖地震による災害からの復旧復興に資するための国会議員の歳費の月額の減額特例に関する法律案
     (3/31衆院受理、3/31衆院可決、3/31参院可決)

他に参議院では4月14日に、『東日本大震災に対する国際的支援に感謝する決議案』が採択されています。

ざっくり言ってこの1か月余りの間に立法などの対応が必要と判断されたことは、地方選挙の期日を延期し、議員歳費を減額し、外国からの支援に感謝の意を表するということでしょうかね。

議員活動ご苦労様です。
平穏で何より…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台にて(21) [地震]

昨日の記事でも触れたとおり、仙台市内でも方々で募金活動が行われています。

中には、「確か2月まではハイチの地震被害の深刻さを訴えていたよね」と思い出す人たちも街頭に出ています。
柔軟かつスピーディーに活動対象を切り替えることのできる団体だなと感心したり、以前の活動への資金が急に途切れてしまっても大丈夫なのだろうかといらぬ心配をしたり…。

ほとんど全ては真面目に他人の役に立ちたいと行動しているのだと思います。
そこで提案したいのですが、集まったお金をどのように扱うかをぜひ明示して欲しいと思うのです。
赤十字に持っていくとか、特徴的な活動をしているNPOに託すとか。
できれば後日、募金を募った場所に報告書を張り出すなんてことが行われれば、さらに良いと思います。

ぼくは今のところ使途がはっきりしている活動に対してしか身銭を切っていません(こういう時インターネットは便利で詳細な活動報告が読めたりします)。「何だかよくわからないけどとにかくお金を集めてます」という場所は、申し訳ないけれども素通りさせていただきます。
税金でも同じことですが、自分の財布からお金を出した時点でホッとしてしまうのはそろそろ改めるべきだと思います。そのお金がどのように流れるかに関心を持つのは、支払った者の義務ですらあると考えます。
どんなふうに役立つかを納得して支払う。素直に納得できないけれど支払わねばならない時は、問題意識を持ち続けることが大切なのではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台にて(20) [地震]

花が開き始めました。
s4141.jpg

まだほんの咲き始めですが、何事もなかったかのようにつぼみを開こうとしています。
s4142.jpg
「うろたえるんじゃない、いい天気じゃないか。」と言われたような気がしました。

仙台市内の公園では、「とりあえず無難に自粛しておこう」との考えにはなびいていません。
s4143.jpg
出店が並んで飲食物を供するとともに、募金も募っています。
電線を引き込むのでなく、工事現場で見かけるようなスタンドアローンの投光器が用意されていて夜桜見物も可能です。
(…ただ、このあたりにはまだピンク色が無く、にぎやかになるのは来週でしょうか。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台にて(19) [地震]

仙台フィルハーモニー管弦楽団が仙台中心街で『復興コンサート』を行っています。
4101.jpg
譜面台をのぞきこむことができる位置でプロの奏でる音を聞くことができる機会などそうそう無いでしょう。

JR仙台駅近くの『AER』で4月5日から5月11日まで連続37日間。一番町の『ヤマハミュージック東北仙台店』で4月3日から15日,23日,30日、5, 6月は週1回予定されている他にも準備が整えば街なかで開催してくれるようです。

楽団の施設等に少なからぬ影響があったでしょうし、楽団員・職員のみなさんの中には自宅が被災した方もいるかもしれません。ライフラインが止まり、食料を入手するのに苦労する期間を経験したみなさんです。演奏会などの仕事はほとんどキャンセルとなり、今後の見通しもまだ立てられない状況なのではないでしょうか。
そんな中で立ち上がる姿を示してくださっています。
避難所にも訪問するべくアレンジしていたのに7日の余震の影響で中止となり、アレンジし直しているそうです。
こんな楽団がわがまちにあることに感謝すると同時に、誇りに思えるじゃないですか。
時間ができたらまた聞かせていただいて、些少ですが募金箱が膨らむようにしたいと思います。

演奏してくれるユニットや曲目は日替わりのようですが、最後は共通してこの曲の合唱で締めくくるようです。
4102.jpg


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台にて(18) [地震]

7日の夜にまた大きくゆれました。
ぼくは少し眠気をおぼえたので、節電も兼ねて早々に眠っていました。
建物全体がガタガタ鳴る音で目覚めましたが、半分寝ぼけて明け方かなと思っていたらまだ日付の変わらない時間でした。

再び停電しましたが、ガラス窓の破損やガス漏れ、近所での火災などは無かったので、ヤカンやナベに水を汲んでから(電気が止まると屋上へ水を揚げるポンプが動かないのでやがて水が出なくなります)、「暗いんだから寝ちまえ」となりました。

翌日、再びの後かたづけを強いられましたが、昼頃には電気が回復し、物流の混乱も少なかったのでぼくの周辺での影響は軽微でした。
JR仙山線がまた止まってしまいましたが、14日頃の復旧とアナウンスされています。

今後数年間は大きな余震とつきあっていく覚悟が必要なのでしょう。
電気が止まったくらいでいちいち動揺してもいられません(と虚勢を張ってみる)。
物理的に難しい面もありますが、高い所に重い物を置くのはなるべくやめて、床に近い所で平らに暮らすよう目論んでみます。

原子力関係者のように、「予想外の出来事で」とあたふたしないように。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。