So-net無料ブログ作成

朝日新聞 [メディア]

福島第1原発の吉田元所長から話を聞いた「聴取結果書」、いわゆる吉田調書に関して読売毎日 ( 共同通信 )も報じて各社の記事が出そろったようだ。

ぼくは朝日新聞なんて読んでいないので、先日図書館に寄って縮刷版を見せてもらった。
同じ資料を元にして報じているはずなのに、朝日だけが「所長命令に違反して所員の9割、650人が現場から逃げた」などと、これほど違う読み解き方をしているのはなぜなんだろう?
従軍慰安婦問題よりも悪意を強く持ってねじ曲げているようにぼくは思う。

朝日は「吉田調書を朝日新聞は入手した。」と書いているけれども、内容を読んだとは書いていないからね。
おそらく朝日の情報源は、調書作成時に内閣の中にいて調書の内容を知ることの出来た人物で、吉田元所長が非公開を望む上申書を提出していることも知っていて、デタラメを流布させてもうやむやになると高をくくっていた人。そしてとにかく東電が逃げたということにしておかないと、夜も空けきらぬ時間に東電本店に乗り込んで「撤退は許さないぞ」と激高していた『おっさん(吉田調書内の表現)』の面子がつぶれてよろしくないと心配する人なんだろうな。

朝日の記者の方はその意図に乗ったつもりじゃなくても、「緊急時には原発の職員は逃げる、誰が対処するというのか、こんな状態で原発の再稼働など許されるはずがない。」と書くことが出来てうれしかったんだろう。
「サイカドー ハンタイ」の文字があれば朝日新聞社と愛読者の絆は深まるからね。

いっときは外国でも「フクシマフィフティーズ」と称されていた人たちも、朝日の記事の後は「我先に逃げ出すのはセウォル号と一緒じゃないか」と言われるようになってしまった。

「待機命令違反」海外でも報道

吉田調書を巡っては、朝日新聞が5月20日付朝刊で内容を報道。2号機で衝撃音がし危機的状況に陥った2011年3月15日朝、「福島第1原発の9割の所員約650人が吉田氏の待機命令に違反し、福島第2原発に撤退した」と報じた。

この記事を受け、米紙ニューヨーク・タイムズ電子版が「パニックになった数百人の所員が命令に反し福島第1原発を見捨てた」と報じるなど、朝日新聞の報道は海外メディアで大きく取り上げられた。

毎日新聞 (2014.8.31)

議員さんたちの中には朝日新聞を責め立てる動きもあるようだけど、およしなさいな。
鼻血マンガの時と同様にその方面の信者の方たちは、「表現の自由の侵害だ」「権力による弾圧だ」などと的外れに興奮して快感に打ち震えるだけですよ。

新聞なんて大半が役所や団体の発表をなぞる記事で構成されているのだし、朝日がまた何かしでかすにしても、「朝日の書いていることだから」と眉に唾をつける賢明な人たちが増えるように努めた方がいいんじゃないの。
スポーツ紙や週刊誌でも大げさな見出しだけで中身がないと認識されているのがあるじゃないですか。その序列に朝日新聞も加えておけばいいんです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。