So-net無料ブログ作成

東京新聞(2) [放射脳]

<前エントリーから続きます>

「そもそも広域処理は必要なかった」という趣旨のことが書かれている。この記事の主論はここにあるのだろう。

津波被害にあった地域に思いをはせる姿勢が、この新聞記者には皆無なんだな。

もし仮に日本中から可能な限りの協力が得られて、前政権がなんとなく設定したデッドラインよりも1カ月でも、1日でも早くがれきが片づくとしたら、それは困った事態だとお考えだろうか。
東京新聞が嫌悪しているらしいゼネコンは、期限いっぱいまで処理を請け負う予定だから早く仕事がなくなると困るかもしれない。
でも、地元の人たちにとって大事なことは、2014年3月31日に処理を終える事ではなくて、少しでも早く片付けて次のステップに進むことなんだ。
少量であっても試験的にと処理を引き受けてくれた自治体もあるが、それらに携わった人たちの苦労を『必要なかった』行為と斬って捨てる神経が理解できない。

このブログで、最近になっても震災がれき処理にいちゃもんをつけるメディアとして〈週刊金曜日〉と〈東京新聞〉を取り上げた。これらのファン層は、『人権』とか『護憲』とかの言葉が好きな人たちだ。
2年経とうとしているのに、こんな論説を批判して修正することもなく嬉々として媒体を買い支え続けている。
正体はよくわかった。
上滑りな言葉だけを後生大事にして机上で生息していてください(街頭デモもお好きかな)。
現場で生きるぼくたちは、そういう人もいる世の中だと踏まえた上で、できることをやっていくよ。


最後にくだらない見方だと思いつつ、書いてしまうけど…。
 〈東京〉新聞って関東で発行されている新聞だろ。
「〈東京〉電力がまき散らしたけがれは東北に封じ込めろ!」と主張することにためらいはないんだろうか?

自分のウンコを町内にまき散らしておいて、その汚れも含めて町内会が公園の掃除をやろうとしたら、それを高みから見下しながら「手伝ってはいけない」とか「無駄遣いだ」とか「オレの敷地にウンコのかけらを持ち込むな」とか声高に叫び、「いや、アンタの庭もかなり汚れてますけど」と笑われているモンスター隣人、みなさんの町内で見かけたことがありますか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。