So-net無料ブログ作成

おめでとう! ベガルタレディース [社会]

楽な道のりではなかろうと思いながら4月に記事を書いた(→女子サッカー、仙台ダービー)が、見事に目標は達成された。

仙台レディース昇格 リーグ1年目で首位快走

 サッカー女子、プレナスチャレンジリーグのベガルタ仙台レディース(仙台L)は28日、群馬県川場村で行われた第21節のS世田谷戦に5-0で勝ち、リーグ参戦1年目での優勝と来季のなでしこリーグ昇格を決めた。

 仙台LはFW伊藤美菜子がハットトリックを決めるなど、S世田谷を圧倒。前半に2点、後半に3点を挙げて完勝した。通算成績は19勝2分けで勝ち点59。残り1試合で、2位の高梁吉備国際大との勝ち点差が9に開いた。

 仙台Lはことし2月、福島第1原発事故の影響で活動を休止した東京電力マリーゼを引き継ぐ形で誕生。リーグ戦では無敗で首位を快走した。7月には、元マリーゼの日本代表、鮫島彩(宮城・常盤木学園高出)も加入。マリーゼが戦っていたなでしこリーグに1年で昇格するという目標を見事に達成した。
 仙台Lは11月4日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で今季最終戦(対日体大)に臨む。

河北新報(2012.10.29)

東京電力にまつわるあらゆる事柄をバッシングすれば気が晴れるというような風潮の中で、東電職員の身分のままで不安な2011年を過ごした人たちがいる。
福島での高校生活を突然に断ち切られた人が、新たに加わった。
仲間のことを思って常に連絡を取り合いながら世界と戦ってきた人も、戻ってきた。

それぞれの選手が、様々な思いを抱えながら走り続けた結果が実を結んだのだろう。
ほんとうにおめでとう、お疲れさまでした。

これまでユアッテックスタジアムで行われた2試合は、宮城の民放テレビが生放送していたけれども、ここにきてNHKも座視できなくなったようだ。
11月4日(日曜日)のリーグ最終戦は東北地方での生中継が決まったらしい。

遠くの試合会場までは足を運べないという福島のマリーゼサポーターにも姿を見てもらえるチャンスだから、弛まずに勝利でリーグを終えて欲しい。

VL12.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。