So-net無料ブログ作成

非核三原則 [政治]

今日の毎日新聞一面に『ベルギー、「非核三原則」法制化へ』という記事を見つけました。

法案には、核兵器の製造・開発に対するベルギー国内金融機関からの資金の流れを禁止する条項も含まれているとのことで、具体的な努力を伴って核廃絶に向かおうとする意思が感じられます。

一方で、日本の状況はどうなのか?

最近、複数の元外務省幹部が日米の核密約の存在を告白する発言をしていますが、それは自らの過去の不正を悔い改めてということではないように思えます。
米国の「核の傘」を期待しての日米同盟強化を推進している中で、核兵器の持ち込みすら禁止する施策は執れない。うそも方便。過去の自分の判断が正しかったからこそ今の日本があると考えているように思えます。

包み隠さずにいえば、「非核三原則」はすでに骨抜きの存在だし、今後に向けても「正しい国が持つ核兵器は正しい」という立場から離れられそうにない。

先日、日本の外務官僚がIAEAの次期事務局長選挙に当選したとの報がありました。
3月から数か月間に渡って『外交努力』を続けたものの、得票を上積みできず、1票だけ(アルジェリア?)棄権にまわってもらった結果の当選だったらしい。
米国と対峙することもあったエルバラダイ氏の後任を日本の官僚に期待するのは無理と判断されていたのでしょう。世界はしっかりと見ています。

最近の新聞で次のような投稿も見つけました。
中学校における社会公民のテストで「非核三原則の内容を正確に書きなさい」という問題に、「核兵器を持たない、つくらない、持ち込ませない」と回答したら不正解と判定された。正答は「核兵器を持たず、つくらず、持ち込ませず」だからである。

意味を解釈することなく、呪文のように文字を丸暗記することを求められる。
その結果として、呪文だけ唱えて満足している『世論』が形成されていきます。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 1

おなか一杯さん

『北朝鮮と台湾の関係』 核廃棄物

核開発などで何かと話題に上る北朝鮮と台湾の以外な関係をまとめてみましたので
ご参考まで。

 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm

 http://72.14.203.104/search?q=cache:Dgo-61n9W8sJ:nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm+%E6%A0%B8%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2
 
  日本財団 図書館
  1997/06/10 世界週報

  必ずしも足並みがそろわぬ米側の対応

  加えて、四月一二日、李登輝総統は、イギリスの賓客との会見の中で、
  北朝鮮問題とそれに関する台湾の対応策に言及したといわれる。
  だが、かねてから話題となっていた台湾の核廃棄物を北朝鮮で処理する問題については、
  既述のギングリッチ米下院議長ですら李登輝総統との会見で抑制を促したもようである。

  続きは、

  http://blog.goo.ne.jp/nanonano01/e/a79f6b4de71b3837cc0facae2bfe95f7
   李登輝先生、来高!?
    2009年08月05日  のコメント欄をご覧ください
by おなか一杯さん (2009-08-28 19:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。